products 製品情報

長距離コンベヤ


日本における長距離コンベヤの歴史は、戦後電源開発(株)が佐久間ダムの建設工事に
本格的機械設備を導入し、当社のベルトコンベヤが採用され650t/hの骨材を輸送したのが
日本における長距離コンベヤのはじまりです。
長距離輸送設備としてのベルトコンベヤは、車両輸送に比べて

  1. 故障が少なく、運転に対する信頼性が大である。
  2. 設備、運転コストが安い。運転要員は少ない。
  3. 輸送沿線における騒音、粉塵公害が少ない。

スチールコードベルトの発明により、またコンピュータを利用した張力分布解析計算によっての
最適ドライブの配置が可能になり、飛躍的な長機長が実現され、単機長で14.1kmと記録を
伸ばしています。
また最近の平面カーブ技術との融合で長距離カーブコンベヤの実績も多くなってきており、
あらゆる客先ニーズに応えられる技術と実績を持っています。

長距離コンベヤ(ギソンセメント(ベトナム) 殿)

ギソンセメント(ベトナム) 殿

長距離コンベヤ(日鉄鉱業(株)/尻屋鉱業所 殿)

日鉄鉱業(株)/尻屋鉱業所 殿

長距離コンベヤ(住友大阪セメント(株)/秋芳鉱業 殿)

住友大阪セメント(株)/秋芳鉱業 殿