products 製品情報

2.プーリの構造及び型式の特徴

・ PW型 シャフトに鋼板製鏡板を溶接
シェルと鏡板を溶接
PW型プーリ
・ PG型 ボスに鋼板を溶接しボス付鏡板とし
シェルと鏡板を溶接
PG型プーリ
・ PHA型 鋳鋼製鏡板を使用
鏡板はテーパになっておりボス側に応力を
大きく出す構造で中荷重用に適応
PHA型プーリ

・ PHA型裏波 シェルと鏡板を完全溶込溶接で接合
許容応力を上げ重荷重に耐える
構造で一般重荷重用
PHA型裏波プーリ
・ PT波 特重荷重用でシェルで溶接接合
シェルでは発生応力が“0”に近い場所が
必ずある為、場所を解析プログラムにて
特定しています。
PT波