products 製品情報

NC標準ローラについて


当社が長距離コンベヤのエンジニアリングに優れている一つの要因として、 ローラの品質があります。 ベルトコンベヤの機長が長くなっていく程ローラの回転抵抗は動力に影響を与えます。 そのためシールの摩擦抵抗・可動部重量(シャフトを除くローラ回転部の重量)を 低減することに長年研究を積み重ねて参りました。

【NC標準ローラの構造】

日本コンベヤ 標準ローラの構造
  1. ローラセル STK400
  2. シャフト SGD400-D
  3. ベアリングケース SPHD
  4. ボールベアリング #620XZZ
  5. 内側シール PBT-G
  6. 外側シール POM
  7. 内側ストップリング SWC
  8. 外側ストップリング S65CM

【低い回転抵抗】

項目 回転摩擦係数
JISB8805(f値) 0.022
MFR型ローラ
但し、次の試験条件による。
試験荷重=30kgf
回転周速=200m/min
最大 0.0088
最小 0.0020
平均 0.00588
但し、サンプル数50個の
計測データによる。

【優れた防塵・防水性】

ローラが回転すると、遠心力によりグリスポケット内のグリスは微小隙間を 少しずつ外周方向へ移動し、外部から侵入してくるダストと平衡状態を保ちます。

【小さな回転振れ】

回転振れの精度基準はJISにはなく、海外規格のDINがありますが、弊社はそれを上回る 自社基準を定めています。

DIN 22112

単位:mm

キャリアローラ長さ寸法 回転振れ
外径〜133 外径133〜
530〜 0.5 0.6
600〜900 0.7 0.9
1050〜1400 1.3 1.6

これに対し、弊社は社内基準としてキャリヤローラの回転振れの上限を0.5mmとし、 セル用交換製造やベヤリングケースプレス成型の段階から厳密な品質管理を行い、 この設定値をクリアしています。